モバイル「ぶどう餅」4

今晩わ。さっちです。
今日は「牧場しぼり」PRサイト内にある
「飼うカウゲーム牧場」の仕組みの続き。

その仕組みとは・・・
ペットを世話しないとペットが「死ぬ」
これがこのゲームの
「ゲームオーバー」なわけ。


なので、ゲームを終わらせない為に
いろいろお世話をする。
そうすると、液晶内のペットに
「愛着」が湧いてくるのです。

これが「たまごっち」の最大の魅力。
愛着が湧くと、人ははまってしまうもの。

我が母もこのように
「たまごっち」にはまってました。
c0143177_2232012.jpg


「飼うカウゲーム牧場」も
いろいろお世話をし、
さらに飽きさせないために
かわいいセリフを牛が吐くのです。

こうなると、人はMy牛に「愛着」が湧きます。

そこが企業のねらい。

「愛着」を持った牛がいる
「牧場しぼり」のサイトと「牧場しぼり」の商品に
リンクする形で、愛着が湧く仕組み。


江崎グリコ・・・考えましたね。
なんか、「してやられた」感があります。

この「してやったり」のPR方法を
ぶどう餅に反影したら・・・
次回はそれを発表したいと思います。


ぽちっとお願いします。

c0143177_2244173.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2007-12-18 22:05


<< 「マーケティング」と「お客」と... モバイル「ぶどう餅」3 >>