見られたくない『和菓子屋』3

こんばんわ。さっちです。
今日は前回の話の続き。

「ブログに載せる写真を載せたくない」
という和菓子屋の
考えていることのもう1つは

「あまり事業を広げたくない」という
考え方です。
この考えは田舎の和菓子屋が
持っていることが多いみたいです。

理由は、『仕入れ先』のお得意さんが
確立されているため。
c0143177_20313318.jpg

そこから原材料を取り寄せるしか無く
他の所から原材料を取り寄せた日には
「村八分」になって
商売どころでは無くなってしまいます。

そして、そのお得意先からは
大量に材料を取り寄せることが
困難だからだと思われます。

ほかにも
「家内工業」なもので
沢山作れないという理由も
あると思います。

う〜ん、今のところ
これぐらいしか分からないのが現状です。
本当は、もっともっと沢山の
考え方が裏側にはあると思うのですが...

今回は取りあえず
ここまでにしておきます。
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-03 20:33


<< 大阪:文の里商店街の「味好屋」 見られたくない『和菓子屋』2 >>