桜もちの歴史

こんばんわ、さっちです。
今日は桜餅の歴史を紹介します。

まずは、「関東風の桜餅」から
1717年(天保2年)徳川吉宗が隅田川に
桜を植えたところ
向島長命寺の門番が、桜の葉を使った「餅」を
考案したのが始まりと言われています。
c0143177_23394754.jpg


そして、「関西風の桜餅」は
「椿餅」が起源です。
c0143177_2340439.jpg

ちなみに「椿餅」は平安時代にもあり
源氏物語の蹴鞠大会の話しにも
出て来ています。

ちなみに「桜餅」の葉っぱは....
本来
食べるのでは無いみたいです。(ーー;

葉っぱはのけて
桜の風味だけ味わうのが
本来の食べ方だそうです。

知らなかった....。

なので、葉っぱを食べるのは
控えようと思います。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-14 23:46


<< 新しいMAC購入。 さくら餅のうんちく >>