2007年 11月 02日 ( 1 )

東かがわ市の紹介

こんにちは。さっちです。

今日は「ぶどう餅」の生まれた土地
東かがわ市について少し紹介します。

東かがわ市は
香川県の東端にある市です。
徳島県との県境にあります。
(下が地図です。)
c0143177_13332590.jpg


のどかな所です。
(東かがわ市の風景写真。)
c0143177_1429599.jpg



歴史は「市」としては比較的新しく、
平成15年4月1日に引田町・白鳥町・大内町の3町が合併して、出来た市です。

東かがわ市のHPによれば
「地場産業の手袋生産は、伝統産業であり、はまち養殖の発祥地、そして有名な製薬や和三盆糖などの伝統を今なお受け継ぐ、伝統と文化、自然環境豊かな市です。 」
と紹介されています。

でもそれよりも気になるのが
うどん店の多さ。
c0143177_1545924.jpg

コンビニより遥かに多い。
さっちのお家からでも
自転車の移動範囲内に5店以上のお店が存在する。
そして、そこそこ繁盛している。
土日となれば、お客さんはいっぱい。

それだけ、香川県民はうどんが好きなんですね・・・。
そして、その一途な想いが「讃岐うどん」をメジャーに
押し上げたのでしょうね・・・・・。

一途な性格の「香川県民」もとい
「東かがわ市民」が守ってきた伝統菓子
「ぶどう餅」はかなり良いお菓子であるはず!
c0143177_153110100.jpg

なのに、他の県の人は食べたことないお菓子。
私の周りにも(ほぼ大阪県民ですが)
「ぶどう餅」を知る人はいない(私が教えるまではの話しですが・・・)

メジャーとしての美味しさは未知数。

今度、他の県の人にも
「ぶどう餅」をご馳走したい所存です。


ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2007-11-02 15:33