2007年 12月 19日 ( 1 )

「マーケティング」と「お客」と「店のやる気」

今晩わ。さっちです。
今日は前回の続きはおいといて...
また別のお話。早く取り上げたかったもので。

先日、ジェームス麺三郎さんのブログ
「WARAU YODARE 笑うよだれ」にて
ぶどう餅を取り上げていました。

私のブログを読んで下さった
上に、このように取り上げて下さるとは
それだけで、ブログやって良かったです。(T▽T)

しかし、その中に
トータル的な意見で
「味」と「見た目」が今いちという
決定的な箇所を指摘されておりました。

実はこの意見
「まさに正解」なのです。



でも商品を見た目で
売り出すのが「デザイナー」の仕事。
そして、マーケティングをやる者の宿命なのです。

小室雄次 氏のブログ
北海道のマーケティング力の凄さを語る!(11月14日記事)
を見れば分かると思います。

この記事には売れない商品を
いかに上手く売るかという
素晴らしい実例が上げられております。

営業やマーケティングに関わる人は
読んで欲しいブログです。


商品を上手に売るのが
営業の仕事であり
商品イメージを考えるデザイナーの仕事
でもあるのです。

すなわち
デザイナーである私に出来る事は
PRの仕方や、デザインを考えること。

商品を改良するのは
作り手の方達の領域なのです。

なので、「ぶどう餅」の
販売店の方々が本気でぶどう餅の
売り上げを考えない限り、
商品が良くならないのが現状です。


でも、
「お客」である皆様が
この「ぶどう餅」を取り上げ、
商品の欠点を指摘することが
お店の方々を本気にさせる、一番の薬だと
思うわけです。

なので、
ぶどう餅のお店の方が
「WARAU YODARE 笑うよだれ」を見ていれば
それだけで、本当の意味での
マーケティングの役割が出来ていると思うのです。

今回は文字ばかりで
少し見づらい中を
最後まで読んで下さって有難うございます。
次回は「モバイル「ぶどう餅」」の
続きを書こうと思います。

ぽちっとお願いします。

c0143177_21543637.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2007-12-19 21:54