<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

菊水 本店4

今晩わ。さっちです。
今日は「菊水」さんのお店の
立地場所の「訳」を
お話していこうと、思います。


なぜ、「菊水」さんが
こんな離れた町の一角に
あるのでしょうか?

答えは...
『「菊水」さんの周辺は
昔、市場として、栄えていたから。』
です。
c0143177_21335334.jpg

この市場も、バブル時代の
駅周辺開拓で環境が変わってしまったのです。

お店の歴史って
「周辺の土地の歴史」とも
深いつながりがあるのですね。(・・;

今まで、いろいろな状況に面しながらも
沢山の応援してくれるお客様がいる
「菊水」さんは、
すごいお店だなと思いました。

最後にはなりましたが
「菊水」本店の皆様
ありがとうございます!

ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-06-29 21:34

菊水 本店3

こんにちは。さっちです。
今日も「菊水」本店の紹介。

ここのお店のPOPや
商品の並び方を
見てみようと思います。

私が一番「なるほど」と
思ったのはこちら。
c0143177_15482579.jpg

個別売りの商品を
1個1個並べているとこです。

これだと「個別売りしてる」のが
お客さんから見て
一目でわかりますよね。^^

こんなカンジで
大きな面積に1個1個商品を並べている
和菓子屋て
さっちから見て少なかったです。

お客さんの中には
和菓子屋は
個別には商品を売っていないと
勘違いする人も
いますからね。


次に「値札」
いろいろなデザインがあります。
c0143177_15484457.jpg

c0143177_15485872.jpg

実はこの「値札」
店員さんが作っているもので
それぞれの個性が出ています。

あと、どら焼きには
個数別値段表みたいなのも
置いてますね。
c0143177_15491120.jpg

これで、ここのお店の
「目玉商品」はどら焼きだと
分かります。

POP一つ一つ見ても
面白いですよね。

でも、なぜこれだけクオリティーの高い
「菊水」さんが
こんな離れた町の一角に
あるのでしょうか?

それには、深い「訳」があるのです。
その「訳」とは
次回発表します。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-06-22 15:51

菊水 本店2

こんばんわ。さっちです。
今日は「菊水」本店の紹介の続き。

「菊水」さんが売っている
すごい「どら焼き」が
こちら。
c0143177_21274348.jpg

c0143177_2127559.jpg

すごいですよね!
このあんこの量とみずみずしさ。

あんこは「あっさり」していて
ぺろりと食べれてしまいました。

じつは「菊水」さんは
隠れた「名店」で
有名人も沢山おとずれる
お店なのです。

こんな裏路地に「名店」があったとは・・・!


次回は POPについて
いろいろ見てみようと
思います。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-06-15 21:28

菊水-本店

こんばんわ。さっちです。
今日は「菊水」本店を紹介したいとおもいます。
c0143177_19433968.jpg

奇麗なお店です。
c0143177_19435122.jpg

ここは創業102年で
お店のご主人の「ひいおじいちゃん」が
創業しました。

一子相伝で
経営してきたそうです。
c0143177_1944231.jpg


「菊水」さんの一押し商品は
「どらやき」です。


このどらやきが
すごいのです。^^


そのすごいどら焼きとは?
次回発表します。


ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-06-07 19:45

砂糖について

こんばんわ。さっちです。
今日は、和菓子に使われている
「砂糖」について、少しお話をしようと思います。

和菓子屋の方や、和菓子に関する本で
共通して「誤解」だと
言っていることがあります。

それがすなわち
「砂糖を食べると太る」等
砂糖に対する、悪いイメージがある
ということです。

でも、実は「糖分」って
脳を動かすのにとても必要なエネルギーで
必要量取らないと
いけないものなのです。
※必要量を明らかに越える
 摂取量は問題ですが・・・(^^;

また、体を動かすにも必要です。

江戸時代の初期の頃は
和菓子が栄養補強食材として
仕事の合間の間食として、広まっていました。
c0143177_0184027.jpg

この時代は、江戸幕府の都市開発に
今まで以上に働かなければいけなかったので
ご飯だけの「栄養」では
明らかに足りなかったのでしょうね。

みなさんも、長時間働いたり、勉強して
「疲れたかな?」と思ったとき
脳に栄養を与えるためにも
ちょこっと「和菓子」を食べてみてはどうですか?

間食する事によって「気分転換」もできますし
脳に栄養をつけて、効率アップも
出来ると思いますよ。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-06-01 23:50