タグ:和菓子 ( 79 ) タグの人気記事

大阪:天神筋橋商店街「菊水」2

こんばんわ。さっちです。
今日は大阪:天神筋橋商店街「菊水」さんの
続きです。

ここで見たある「工夫」
とは・・・・

商品購入時に
「消費期限」を貼っていたのです。
c0143177_21201861.jpg

そして貼った
「消費期限」がこちら。
c0143177_21202879.jpg

なるほど、これなら
小さい「箱」でも
シールをはれますね。^^

次回はこちらで購入した
商品を紹介ししていきたいと思います。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-04-08 21:21

大阪:天神筋橋商店街「菊水」

こんばんわ。さっちです。
今日は大阪:天神筋橋商店街「菊水」の紹介を
していきたいと思います。
c0143177_19471655.jpg

商品の置き方や量は
比較的シンプル。
でも、中は少し暗い雰囲気です。

外にカ飾っている
ショーケースもあります。
c0143177_19472983.jpg

手書きの値段札も
ありますね。
c0143177_19474597.jpg

詰め合わせの値段札は
きちんと作っています。

商品を購入したとき
ここのお店ならではの
工夫を目にしました。

その工夫とは....
次回発表します。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-04-06 19:50

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店6

こんばんわ。さっちです。
今日は大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
最終回。

「千寿堂春蘭」桃谷店さんで学んだ
事とは・・・

人と人との
コミュニケーションを大切に
するという事です。
c0143177_22455964.jpg

「千寿堂春蘭」桃谷店さんの周りでは
スーパーが建ちならび
商店街からお客さんが
減っているようです。

そして、スーパーは
お店のように、お客さんに
何が欲しいか聞く事も無いため
交流も少ないのです。
c0143177_22461247.jpg

足腰の悪いお年寄りにとって
「物」を「探す」のは困難だと
言っていました。

そんなお年寄りのためにも
お客さんと交流を持てる
「商店街」は必要だと
主張していました。

そういう現象は
大阪だけでなく
日本全国にあると思います。

でも、そんな現象ことが
和菓子屋さんから聞けたなんて
少しビックリしました。(^^;


そして、沢山の事を
学ばせて頂きました。

最後にはなりましたが
大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の皆様
本当に、有り難うございます。


ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-04-03 22:47

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店5

こんばんわ。さっちです。
今日も大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
紹介の続きパート5。

実はここ
「千寿堂春蘭」桃谷店さんは
行政が行っている
「物作り見学バス」も来ている場所
なのです。

「物作り見学バス」とは
小さな赤いバス(通称:赤バス)で行く
ツアーです。
c0143177_2211876.jpg


そこで「和菓子を作っているとこ」とか
「鏡を作っているとこ」とか
様々な物を作る現場を
見るようです。
c0143177_2213552.jpg

子どもがいる家族の方が
多いそうです。

そんなことも
行政もやっていたのですね。

なんか関心。

次回は
「千寿堂春蘭」桃谷店さんから
学んだ事を発表したいと
思います。



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-04-01 22:03

大阪の駿河屋の情報

こんばんわ。さっちです。
今日は少しご連絡ということで。

明日
4月1日に大阪の駿河屋で
桜餅とお茶の贈呈サービスがあります。

先着50名みたいです。^^;

お近くにお住まいの方は
行ってみてはどうでしょうか?



ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-31 23:01

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店4

こんばんわ。さっちです。
今日も大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
紹介の続き。

POPに隠された
「お店の気配り」と
「お店のあり方」のお話をします。

先代のご主人がいたころの
お話です。

お客さんの中に
このお店の名物
「御勝山」という商品が
大好きな方がいました。
c0143177_21211628.jpg

その方はお店のために
「切り絵」を作りました。

そして、その切り絵を
お店に持っていったときには
c0143177_21212623.jpg

すでに先代のご主人は亡くなって
しまっていたそうです。
c0143177_21213723.jpg

それを聞いたお客さんは
すごく悲しんだと言います。

その事を聞いた奥さんは
作品を「仏壇」に備えた後・・・

期間が過ぎても
ずっと大切に「切り絵」を
お店に飾っているのだそうです。
c0143177_21215497.jpg

その心も
切り絵をくれたお客さんに
「喜んで欲しいから」なのだそう。

ここから分かるのは
お店の方も「お客さん」を本当に
大切にして
お客さんも「お店」を大切に
思っている所です。

これって本当の意味での
「お客」と「お店」の
信頼関係だと思うのです。

すなわち
お互いを思う
「コミュニケーション」が
信頼関係を築ける物だと
思うのです。

本と、ここでは
「大切な事」を学ばせて
頂いたと思います。

次回も
大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
続きです。
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-30 21:24

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店3

こんばんわ。さっちです。
今日も大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
紹介の続きです。

「千寿堂春蘭」桃谷店さんの
すごい気配りとは....

その秘密は POPに隠されていたのです!
c0143177_2240357.jpg

c0143177_22405383.jpg

c0143177_2242274.jpg

このお店には
様々な POPがあるのですが
実はこれ....

お客さんや、
知り合いの方たちから
「無料」で頂いた「作品」なのです!

すごいことだと
思いません!?

POPは「お金を出費」したり
「自分で作る」ものだと思っていた
さっちにとって「目からうろこ」でした。

その中には
感動する「エピソード」もありました。

その感動のエピソードから
本当の「お店のあり方」が
見えた気がしたのです。

POPに隠された「お店の気配り」と
「お店のあり方」とは...

次回発表します。




ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-28 22:42

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店2

こんばんわ。さっちです。
今日は
大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店の
紹介の続きです。

今回、注目して欲しいのは
ここ
c0143177_22121974.jpg


そう、「座る場所」なんです。
さっちがお店に来たときも
おばあちゃんが腰をかけて
お店の人と「おしゃべり」をしていました。
c0143177_22105571.jpg

ほのぼのしますね。

実はここ
商店街の端のほうで
なおかつ「病院」が近いのです。
c0143177_22111861.jpg

なので、
商店街で買い物したり
病院に行ったりする
足腰が弱い「お年寄り」も
よく通る道なのです。

なので、そんな方たちに
ゆっくり座っていただきたいと
この「座る場所」を提供しているのだそう。

そんな気配りが
あったとは...。

でも、「千寿堂春蘭」桃谷店さんの
気配りは
それ以上のものがあった!

その「気配り」とは...?
次回紹介します。
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-27 22:13

大阪:「千寿堂春蘭」桃谷店

こんばんわ。さっちです。
今日は
大阪の「千寿堂春蘭」桃谷店
を紹介していきたいと思います。
c0143177_21472722.jpg

見た目は
明るい雰囲気のお店です。

座る場所がありますね。
c0143177_21493970.jpg


お店のショーケースもおしゃれ。
c0143177_2150557.jpg


POPや作品もいっぱいあります。
c0143177_21501849.jpg

c0143177_21503577.jpg


実はここ
様々な「思い」がいっぱい詰まった
素敵なお店だったのです。

その内容は
次回お伝えします。


ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-25 21:52

大阪:天神筋橋商店街「薫々堂」5

こんばんわ。さっちです。
今日は大阪:天神筋橋商店街「薫々堂」さんの
最終回。


口答で賞味期限を言える
理由とは、、、

実は、自分のお店で作った
和菓子に関しては、特に賞味期限シールを
貼らなくても良のもあるみたいです。

でも、進物用には
絶対消費期限シールを
貼るとのこと。

昔は
特にそういう「賞味期限」というのもに
うるさく無かったのに・・・。

赤福の事件等で
お客さんがとても心配していたため
対応に困ったとの言っていました。

でも、この話しから
本来の和菓子屋は、今までは
地域のお客さんとの
信頼関係で
成り立っていた部分もあるのではないか?
と考えてしまいます。


みなさんは、その辺どう感じますか?


そして、最後になりましたが
「薫々堂」の皆様
本当に、有難うございました!^^




ぽちっとお願いします。

c0143177_21463544.jpg人気ブログランキングへ
[PR]
by wisteria1192 | 2008-03-24 21:30